怖い都市伝説

逆探知

更新日:

逆探知

ある女性がストーカーからの無言電話に悩まされていた。

「もしもし?」

「‥‥‥」

「もしもし、どなたですか?」

「‥‥‥」

こんな無言電話が毎日のようにかかってくるのだ。
そして我慢の限界にきた彼女は、その日いつものようにかかってきた無言電話に、「いい加減にしなさいよ!このストーカー!いや、ただの変態ね!」と怒鳴ってしまった。すると、今まで無言だった受話器から「殺してやる…」との言葉が返ってきて電話は突然切れた。

彼女はその反応に恐ろしくなり、警察に相談することにした。ストーカー対策に力を入れていた警察は、彼女の相談に応じてくれた。そして、次に無言電話がかかってきた時は、逆探知機を使ってストーカーの居場所を確かめるので、なるべくストーカーとの電話を切らないようにと言われた。
そして、その夜も電話がかかってきた。しかし、今日はいつもと様子が違うのだ。

「もしもし?」

「ククククク‥‥」

「もしもし?」

「ククククク‥‥ククククク‥‥」

なんと、ストーカーの男が電話口で不気味に笑っているのだ。恐ろしくなった彼女は電話を切ろうと考えたが、警察が逆探知してくれていることを思い出し、我慢して男の笑い声を聞いていた。その時、彼女の携帯電話が鳴った。警察からだ。

「逆探知の結果が出ました!すぐに家から出てきて下さい!犯人はあなたの家の中にいます!」

彼女は急いで電話を切った。しかし、男の不気味な笑い声が消えることはなかった。

都市伝説の解説

当初はベビーシッターが登場する都市伝説だった

この「逆探知」という「都市伝説」は、1970年代に流行したものです。当初はアメリカを舞台にした、猟奇殺人鬼とベビーシッターが登場する話でしたが、日本で社会問題となっていたストーカー問題が織り交ぜられるようになり、次第にストーカーと被害者女性が登場する内容に変化していったようです。

【PC】記事下ダブルレクタングル

【PC】記事下ダブルレクタングル

-怖い都市伝説

Copyright© 世にも奇妙な都市伝説 , 2017 All Rights Reserved.