怖い都市伝説

山小屋の四人

更新日:

山小屋の四人
ある大学の山岳部のメンバー四人が、雪山を登山している最中に遭難してしまった。夕方になって吹雪が強まり、四人があてもなく彷徨っていると、山の頂上に一軒の山小屋があるのを見つける。その山小屋は使われている様子がなく、暖を取れそうなものもなかったが、吹雪だけは凌げると考えた四人は、そこで夜を明かすことに決めた。しかし、夜になって気温が下がると、部員の中には寒さから震えが止まらなくなる者が出てきた。そんな時、このまま小屋の中で眠ってしまっては死んでしまうと考えた一人の部員が、あるアイディアを思いつく。

それは、まず部屋の四隅に一人ずつ立ち、最初の一人が壁沿いに角まで走る。そして、角にいる二人目にタッチをし、二人目が三人目に、三人目が四人目に…というものだった。こうすれば眠ることがなく、体を温めることもできる。

中央のテーブルに置いたランプとロウソクの小さな明かりだけが照らす暗い部屋の中、お互いの顔が見えない状況で四人は朝までこの「終わらないリレー」を繰り返した。
そして翌日、山小屋を訪れた救助隊によって四人は無事に救出される。

その後、四人は大学に戻って他の部員たちにこの日のことを話した。すると、話を聞いていた部員の一人が不思議そうに彼らに尋ねた。

「それっておかしくないか?四隅に一人ずつ立って始めるだろ、四人目が角に走って行っても、そこには誰もいないんだぜ。そこで運動が終わらないか?」

それを聞いた四人は背筋が凍りついた。あの夜、運動が終わることはなかったからだ。もしかしたら、いるはずのない五人目が…

都市伝説の解説

ミステリー要素を併せ持つ

単なる「ホラー」ではなく、「ミステリー」としての局面も併せ持つことから、探偵ドラマや推理小説の中にもこのような「終わらないリレー」が度々登場します。

感動的なパターンも

また、「都市伝説」としても様々なバリエーションがあり、五人が遭難して途中でそのうち一人が死んでしまい、残った四人が山小屋でこの運動をした時に、死んだメンバーの霊が仲間を助けようと参加する、という何だか感動的な内容もあります。

暗い部屋ゆえに成立する?

ただ、暗い部屋だったことにより、四人目が無意識的に一人目のいる角まで多く走ってしまった結果、この「終わらないリレー」が成立するのではないか、との指摘もあります。

【PC】記事下ダブルレクタングル

【PC】記事下ダブルレクタングル

-怖い都市伝説

Copyright© 世にも奇妙な都市伝説 , 2008-2017 All Rights Reserved.