「小ネタ系都市伝説」 一覧

思わず笑ってしまうジョークのような面白い伝説

カテゴリ一覧

最も怖い話

2009/08/27   -小ネタ系都市伝説

夏休みのある日、4人の若者がマレーシアへ海外旅行に行き、有名な超高層ホテルに泊まることになった。しかも、彼らが宿泊する部屋は見晴らしの良い100階にあったため、4人はとても大喜びだった。 その夜、4人の若者達が繁華街へ遊びに行こうとフロントにカギを預けた時、支 ...

森首相伝説

2009/07/16   -小ネタ系都市伝説

日本の第85代・第86代内閣総理大臣を務めた「森喜朗元首相」には、数多くの伝説が残されている。今回はその中でも、とびっきりのものを紹介しよう。 2000年7月に沖縄で開催された「九州・沖縄サミット」で、アメリカの当時の大統領であったビル・クリントン大統領と会談 ...

気圧計

2009/05/14   -小ネタ系都市伝説

ある大学の教授が新しい気圧計を手に入れた。 その日の授業は物理学だったため、教授はさっそく学生達に向かって、「この気圧計を用いて我々が今いる場所の高さを求めなさい」と尋ねた。この突然の質問に多くの学生達が困惑の表情を浮かべる中、ある一人の男子学生が得意げに名乗 ...

英語が苦手な日本人

2009/01/22   -小ネタ系都市伝説

ある日本人のサラリーマンが、仕事でアメリカに出張した時のこと。彼は地下鉄に乗るために駅の窓口で切符を買うことになったのだが、英語が苦手で何と言えばよいのか分からない。 とりあえず、行き先だけは伝えようと「To ○○」と言った。しかし、駅員に「To」を「Two」 ...

預けたペットが…

2008/12/20   -小ネタ系都市伝説

これは南国のリゾート地にある空港で、実際に起こった話である。 ある航空会社の作業員が、到着した飛行機から客の預け荷物を降ろした際、その中のペットの犬が死んでしまっているのを見つけた。飼い主のおばあさんはとてもうるさそうな人だったため、大事に至ってはまずいと感じ ...

医者の観察力

医者の観察力

2008/12/06   -小ネタ系都市伝説

とある医科大学で行われた医学部の授業の時、ある教授が検尿用の紙コップを示して、「医者であるからには鋭い観察力が必要です。ここに人間の尿を用意しましたが、この尿の持ち主が糖尿病であるのかを確かめるのならば、私はこうします」と言い、紙コップの尿に人指し指を浸すとペ ...

樹海村

2008/11/24   -小ネタ系都市伝説

樹海は自殺の名所となっており、毎年のように自殺する者が跡を絶たない。しかし、中には自殺しきれなかったり、未遂で終わってしまったりする人もいる。そういった人達は、社会に復帰しようにもできないため、樹海の中で寄り集まり、小さな「村」を成して生活しているのだという。 ...

追いかけてくる黒猫

2008/11/20   -小ネタ系都市伝説

ある男が夜の国道を車で走っていた。後ろに流れ去る街灯の明かりと、窓から入ってくる風が心地よかった。 だが突然、道端から一匹の小さい黒猫が飛び出してきた。男は急ブレーキをかけたが間に合わず、その黒猫を轢き殺してしまった。可哀想なことをしてしまったと思ったが、どう ...

外国人と寿司屋

2008/11/12   -小ネタ系都市伝説

ある一人の外国人男性が、寿司屋のカウンター席で食事をしていた。その店の寿司はどれも新鮮で、男性は次々に寿司を頬張った。そして、お腹もいっぱいになり、覚えたばかりの日本語でお勘定をお願いすることにした。 「マスターいくら?」 すると男性の前には寿司の「イクラ」が ...

カルピスの罠

2008/10/31   -小ネタ系都市伝説

もし、これを読んでいるあなたが、女性のセールスマンだったとしたら気をつけてほしい。 これはある女性セールスマンが、保険の契約を取るために独身男の家を訪ねた時の話である。 女性セールスマンが男の家の玄関で保険の説明をし始めると、男は「ちょっと待ってて下さいね」と ...

関連した都市伝説

Copyright© 世にも奇妙な都市伝説 , 2017 All Rights Reserved.