小ネタ系都市伝説

医者の観察力

更新日:

医者の観察力
とある医科大学で行われた医学部の授業の時、ある教授が検尿用の紙コップを示して、「医者であるからには鋭い観察力が必要です。ここに人間の尿を用意しましたが、この尿の持ち主が糖尿病であるのかを確かめるのならば、私はこうします」と言い、紙コップの尿に人指し指を浸すとペロリと舐めてみせた。そして「どうです、皆さんにも同じことができますかな?」と満足げな顔をして教室中の学生たちを見渡した。

すると、一人の負けず嫌いな学生が前に進み出て、同じように紙コップの尿に人指し指をつけると、得意げにみんなの前でその指を舐めてみせた。ところが、教授はさらに満足げな顔をしてこう言った。

「やはり、皆さんにはまだ医者としての観察力が不十分なようです。私は人差し指を尿につけましたが、舐めたのは中指でしたよ。尿みたいに汚いものを舐めるなんて私には考えられません」

都市伝説の解説

農業大学が舞台の「牛の尿」バージョンもある

この話の舞台は、主に医科大学や医学部が中心ですが、北海道の農業大学を舞台にした「牛の尿」バージョンも存在します。

コナン・ドイルの恩師が元ネタ

シャーロック・ホームズの生みの親である「コナン・ドイル」の恩師、「ジョセフ・ベル」教授のエピソード中にも類似した話が登場していることから、この話はそれが元になっていると考えられます。もっとも、「ベル教授」の話の中では「ひどい味の試薬」となっていますが…

【PC】記事下ダブルレクタングル

【PC】記事下ダブルレクタングル

-小ネタ系都市伝説

Copyright© 世にも奇妙な都市伝説 , 2008-2017 All Rights Reserved.