小ネタ系都市伝説

英語が苦手な日本人

更新日:

英語が苦手な日本人

ある日本人のサラリーマンが、仕事でアメリカに出張した時のこと。彼は地下鉄に乗るために駅の窓口で切符を買うことになったのだが、英語が苦手で何と言えばよいのか分からない。

とりあえず、行き先だけは伝えようと「To ○○」と言った。しかし、駅員に「To」を「Two」と聞き間違えられたのか、切符を「2枚」差し出されてしまう。

慌てた彼はすぐに「For ○○」と言い直したのだが、今度は切符が「4枚」出てくる。

すっかり困り果ててしまった彼が、思わず「えっと…」と呟くと「8枚」の切符が出てきた。

都市伝説の解説

英語の先生が語る定番モノ

この手の都市伝説は「外国人と寿司屋」と同様に、英語の先生の口から冗談として語られることが多いようです。

ニューヨークの地下鉄は均一料金

ニューヨークの地下鉄では日本と異なり、乗車料金が均一の片道2$となっていて、どこからどこまで乗車しても料金は変わりません。しかし、そのことを知らずに窓口で行き先などを言ってしまうと、今回のような悲惨な事態になるのかもしれません。英語の発音が苦手な日本人なら尚更でしょう。海外に行かれる際は、現地の「言葉」だけではなく、電車の乗り方といった「一般常識」も勉強する必要があるのですね。

【PC】記事下ダブルレクタングル

【PC】記事下ダブルレクタングル

-小ネタ系都市伝説

Copyright© 世にも奇妙な都市伝説 , 2008-2017 All Rights Reserved.