小ネタ系都市伝説

追いかけてくる黒猫

更新日:

追いかけてくる黒猫

ある男が夜の国道を車で走っていた。後ろに流れ去る街灯の明かりと、窓から入ってくる風が心地よかった。
だが突然、道端から一匹の小さい黒猫が飛び出してきた。男は急ブレーキをかけたが間に合わず、その黒猫を轢き殺してしまった。可哀想なことをしてしまったと思ったが、どうせ野良猫だろうと特に気にすることもなく、男はそのまま車を走らせた。

しばらく経って、男が何気なくバックミラーを見ると、そこには信じられない光景があった。なんと、先ほどの黒猫を口にくわえた大きな親猫が、もの凄いスピードでこちらに迫っているではないか。男は震えながらもアクセルを踏み込み、車のスピードを上げた。しかし、親猫との距離はどんどん短くなる。少なくとも70キロ以上はスピードが出ているのだが、親猫の追走は終わらない。

「ごめんなさい…ごめんなさい…」

男は祈るようにしてそう呟き、必死に逃げた。だが、前方の信号が「赤」になっていたため、男はやむを得ず車を停車させた。そして、恐る恐る後方を確認した。

するとそこには、クロネコヤマトの宅配車が停まっていたのだ。

都市伝説の解説

怖い話が苦手な人にオススメの都市伝説

そうです、男は黒猫を轢き殺してしまったという罪悪感から、クロネコヤマトのロゴマークを本物の黒猫と勘違いし、必死に逃げ惑っていたのです。最後のくだらない「オチ」が、この話のホラー的要素を完全に喪失させているため、「小ネタ系都市伝説」として分類しました。怖い話が苦手だという相手に、入門編として語ってさしあげてはいかがでしょうか。

【PC】記事下ダブルレクタングル

【PC】記事下ダブルレクタングル

-小ネタ系都市伝説

Copyright© 世にも奇妙な都市伝説 , 2017 AllRights Reserved.