人体・医学の都市伝説

メスおろし

更新日:

メスおろし

6月は全国的に「メスおろし」の月だと言われている。メスおろしとは、手術で初めての執刀のこと。

その年の4月に病院に入ってきた新米のお医者さんが、2ヶ月間の研修を積み重ねた末、6月に初めて手術でメスを握るというわけだ。

そのため、盲腸などの比較的症状の軽い患者を選び、「メスおろし」に利用するのだという。

6月は「メスおろし」に関わらず、社会の様々な場面で研修を終えた新人が試される時期です。もちろん、手術中にベテランの医師が立ち会うようですので、どうぞご安心下さい。
私の友達も6月の半ばに盲腸の手術を受けました。通常の予定時間よりも、40分ほど遅れて手術が終わりましたが、何か関係があるのでしょうか?

【PC】記事下ダブルレクタングル

【PC】記事下ダブルレクタングル

-人体・医学の都市伝説

Copyright© 世にも奇妙な都市伝説 , 2017 All Rights Reserved.