怖い都市伝説

さとるくん

更新日:

さとるくん

もしも、自分の知りたいことが何でも知れる方法があるとしたら、試してみたくならないだろうか?公衆電話を使った簡単な方法で、あなたの疑問を「さとるくん」が答えてくれる。その方法はとても簡単で、誰にでもできるので、ぜひとも試してもらいたい。

必要なのは「10円玉」、「自分の携帯電話」、「公衆電話」の三つである。「10円玉」は「公衆電話」にて使うのだが、テレホンカードや他の硬貨ではいけないと言われている。必ず「10円硬貨」を用意すること。

①まずは「公衆電話」へ出向き、「10円玉」を入れて自分の「携帯電話」へと電話を掛ける。

②繋がったら公衆電話の受話器に向かって呪文を唱える。
「さとるくん、さとるくん、おいでください。さとるくん、いらっしゃったらお返事ください」である。(※決して一言一句間違わないこと)

③唱え終わったら受話器を置いて公衆電話を切り、自分の携帯電話の電源も切っておく。

④そうすると24時間以内に「さとるくん」から電話が掛かってくるのだ。

「さとるくん」からの電話は一度だけではなく、何度も掛かってくるのだが、ここではまだ質問をすることができない。そのかわり、「さとるくん」が今どこにいるのか現在地を教えてくる。たとえば、「○○小学校にいるよ」や、「○○公園にいるよ」といった具合である。そして、その位置は電話の度に自分のいる場所へと近くなっていき、最後には「後ろにいるよ」と電話で言われる。この時になってはじめて質問をすることができるのだが、ここでも注意しなければならないことがある。それは、決して後ろを振り返ってはいけないということだ。もしも、後ろを振り返ってしまったり、質問を投げかけなかったりした場合、「さとるくん」に連れ去られてしまう。
ちなみに、「さとるくん」に問うことができる質問は一つだけと言われているが、遠い未来のどんなことでも正確に答えてくれるらしい。

都市伝説の解説

他の都市伝説「怪人アンサー」や「メリーさんの電話」と似ている

携帯電話を用いて呼び出し、どんな質問にも答えてくれるという点から、「怪人アンサー」を思い出した都市伝説ファンの方も多いのではないでしょうか?また、「さとるくん」が電話にて現在地を告げてくる様子は、「私、メリーさん。今、あなたの後ろにいるの」という有名なフレーズでお馴染みの都市伝説「メリーさんの電話」を彷彿とさせます。「メリーさんの電話」とは、ゴミ捨て場に捨てられた外国製の人形「メリー」から電話が掛かってきて、次第に持ち主であった少女の背後に忍び寄るという歴史のある都市伝説です。

「さとるくん」も近年になって作為的に広まったか

このように、「さとるくん」は有名な都市伝説がいくつか組み合わされた内容であるのが特徴です。おそらく、「怪人アンサー」が何者かによって作為的に広められたように、この「さとるくん」も近年になって作為的に広まった都市伝説であると考えられます。

「さとるくん」の正体は謎のまま

「怪人アンサー」では、頭部だけで生まれてきた奇形児が妖怪となり、身体のパーツを集めているという不気味で生々しい設定がありましたが、「さとるくん」の正体は謎に包まれており、妖怪なのか幽霊なのか、年齢はいくつなのか不明なままです。この方法で「さとるくん」を呼び出したほとんどの人が連れ去られてしまったからかもしれません。

【PC】記事下ダブルレクタングル

【PC】記事下ダブルレクタングル

-怖い都市伝説

Copyright© 世にも奇妙な都市伝説 , 2017 AllRights Reserved.