人体・医学の都市伝説

焦げとガン

更新日:

焦げとガン

もし、料理を作っていた際に焦がしてしまったら、決してそれを食べてはいけない。なぜなら焦げは発ガン性物質であり、それを食べることは食道ガンやら胃ガンやらを引き起こす原因となるからだ。

私が子供だったころ、親からよく言われました。なので、20年以上前からある噂でしょうか。しかしながら医学マニュアルによると、焦げには発ガン性はなく、食べても問題ないそうです。

【PC】記事下ダブルレクタングル

【PC】記事下ダブルレクタングル

-人体・医学の都市伝説

Copyright© 世にも奇妙な都市伝説 , 2017 AllRights Reserved.