定番の都市伝説から2ちゃんねるの怖い話、怪談にいたるまでを紹介!! ~今宵あなたを奇妙な都市伝説の世界へ~   『世にも奇妙な都市伝説』 http://yonimokimyo.com/
 怖い都市伝説    人体・医学の都市伝説    社会生活に潜む都市伝説    アニメやマンガの都市伝説    小ネタ系都市伝説    ◎サイト案内
 【2ちゃんねる都市伝説】      ▽2ちゃんねるの怖い話     ▽2ちゃんねるの奇妙な話     ▽2ちゃんねるの不思議な話     ▽2ちゃんねるの小ネタ話
都市伝説を検索


【スポンサード リンク】


【奇妙なリンク集】

【世にも奇妙な都市伝説】

トップメニューよりお好きなジャンル
をお選び下さい。

世にも奇妙な都市伝説

http://yonimokimyo.com/

このサイトは「Yahoo!カテゴリ」の
都市伝説』に登録されています。

記事の更新をチェック⇒Twitter

当サイトについて   ◎サイトマップ

お問い合わせ
RSS

since.2008.10.16



無断転載禁止


【話題の都市伝説BEST20】

ブログパーツ 
【スポンサード リンク】


【最新都市伝説】
【最新コメント】

「2ちゃんねるの不思議な話 」 の一覧

【スポンサード リンク】


2011.11.25 Fri
先輩の手
先輩の手

429 :おさかなくわえた名無しさん:2007/10/20(土) 22:01:57 ID:bzMhL30A

若い頃クライミングをしていた時に俺の先輩が最初に教えてくれた言葉が、
「ペアで登攀中に片方が転落した時は、上の者はできる限りの努力をしろ!ぶら下がっている者は
上の者を助けるつもりで自分のザイルを切れ!」と教えられた。
そしてその先輩は2年後俺とのクライミングで自分のザイルを切った・・・

数年後、俺と後輩が岩壁に登っている最中に俺が転落・・・
後輩はまだまだ臨機応変にできるほど経験を積んでいなかったので
俺が「最期は笑って逝ったと嫁と子供に伝えてくれ」と言ってナイフに手をかけた瞬間、
見覚えのある手が私のナイフを押さえた・・・そう、数年前に自分でザイルを切った先輩の手だった。
何故かそう感じた。そして次の瞬間後輩がまだ教えてもいない方法で私を助けた。
上を見た瞬間、後輩の側でザイルを握っているもう1つの手が見えた。

はっきり言って緊迫した状況だったので幻覚かもしれない。
そして火事場の馬鹿力を後輩が発揮したのかもしれない。でも俺がナイフを取り出そうとした瞬間に
押さえた手の感触は紛れも無く先輩だったと10数年経った今でも信じている。




2ちゃんねるの不思議な話  | Comment(30) | TrackBack(1) | Top↑

2011.10.18 Tue
不思議な絆創膏
不思議な絆創膏

922 :本当にあった怖い名無し :2006/05/13(土) 17:33:47 ID:y/W9Z0850

幼稚園のころ、ころんでひっかき傷つくって泣いてたら同じクラスの女の子に絆創膏をもらったんだ。
金属の箱に入ったヤツ。5枚ぐらいあった。「全部あげる。無駄使いしちゃだめよ」って。
家に帰っておふくろに「絆創膏?ケガしたの?」って言われたんで剥がしてみせた。
ケガなんてどこにもなくなってる。不思議だったけど絆創膏のパワーだと信じた。

何日かして朝御飯のとき自分のお気に入りの茶碗にヒビが入ってるのを発見。
ガキの浅知恵だよね。ヒビに絆創膏はってみたんだ。
・・・・・・夕飯のときにはがしたら直ってた。
手押し車にアヒルがついてるおもちゃ。アヒルの首が取れちゃったんだけど
絆創膏はっておいたらやっぱり直った。

大切に使わなきゃ、とさすがに事の重大さに気づいた矢先、うちの猫のヤーヤが車にひかれた。
残ってた絆創膏全部はって、毛布をかけて幼稚園休んで看病した。
泣き疲れて寝ちゃったんだよね。ヤーヤに顔をなめられて目を覚ました。
治ってたんだ。傷なんか痕すら残ってない。明日幼稚園いったらミヤちゃんにお礼言わなきゃ。
「絆創膏くれてありがとう」って。

幼稚園行って気づいた。ミヤちゃんなんて女の子はいない。
絆創膏をもらった時以外に彼女をみたことなんてなかった。
なのに僕は彼女をみたときミヤちゃんだとなぜだか思った。

そういえばヤーヤを産んですぐに死んでしまった母猫の名前もミヤだった。




2ちゃんねるの不思議な話  | Comment(27) | TrackBack(0) | Top↑

2009.10.19 Mon
不埒な考え
不埒な考え

73 :本当にあった怖い名無し:2009/09/19(土) 20:10:52 ID:vFdqWwrv0

祖父が重篤な病に倒れ、明日をも知れないという時、祖父の病床には親戚・縁者
が集まった。総勢で10人もいただろうか。当時、中学生であった私は、ことも
あろうにその席で、不埒な考えをめぐらせていた。祖父が亡くなれば、その財布
の中身は必要ないだろう。どうせなら小遣いでもくれて死ねばいいのに、などと。
すると、意識も定かではない祖父が、むっくりと半身をもたげ、一同の中から
この私を手招きするではないか。そして、おもむろに祖父はこう言った。
「○○坊、ようきたなあ。そら、手を出せ」枕もとの財布から千円札を3枚ほど
抜くと、それを私の手に握らせたのだ。ああ、死かけたた者は心を見抜くものだな
と、身を小さくしたものだ。




2ちゃんねるの不思議な話  | Comment(20) | TrackBack(0) | Top↑

2009.10.14 Wed
背後霊チェック

86 本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/27(火) 02:01:56 ID:n00H0daEO

ちょっとスレチかもだけど。
昨日晩御飯を食べてた時の事を頭の中でリアルに思い出して下さい。

↓以下はやった後で読んで下さい。


それが主観的だったら問題なし。
もし客観的(第三者的視点から自分が晩御飯を食べてる様子を見ている状態)なら…


その位置に背後霊がいます。




2ちゃんねるの不思議な話  | Comment(27) | TrackBack(0) | Top↑

2009.10.07 Wed
不思議な夢

358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/07/22(火) 06:48:28.89 ID:iXn1R8FD0

子供の頃、道路を渡ろうとしてたら突然後ろから「危ない!」と声が聞こえました。
驚いて立ち止まった瞬間、目の前を車が猛スピードで通過・・・
振り返るがそこには誰もいなかった・・・
30歳になって事故で生死の境を彷徨った時に不思議な夢を見た。
そこは生まれ故郷ですべて当時のまま。
左右確認せず道路を渡ろうとする少年を見つけて
私は思わず「危ない!」と叫んでしまった。
その瞬間、病院のベットで意識が回復した。




2ちゃんねるの不思議な話  | Comment(15) | TrackBack(0) | Top↑

2009.09.30 Wed
双眼鏡で見えたもの
双眼鏡で見たもの

292 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 03:30:24 ID:Pwdi1uqL0

漏れにはちょっと変な趣味があった。
その趣味って言うのが、夜中になると家の屋上に出てそこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察すること。
いつもとは違う、静まり返った街を観察するのが楽しい。
遠くに見えるおおきな給水タンクとか、
酔っ払いを乗せて坂道を登っていくタクシーとか、
ぽつんと佇むまぶしい自動販売機なんかを見ていると妙にワクワクしてくる。

漏れの家の西側には長い坂道があって、それがまっすぐ漏れの家の方に向って下ってくる。
だから屋上から西側に目をやれば、その坂道の全体を正面から視界に納めることができるようになってるわけね。
その坂道の脇に設置されてる自動販売機を双眼鏡で見ながら「あ、大きな蛾が飛んでるな~」なんて思っていたら、
坂道の一番上のほうから物凄い勢いで下ってくる奴がいた。
「なんだ?」と思って双眼鏡で見てみたら全裸でガリガリに痩せた子供みたいな奴が、
満面の笑みを浮かべながらこっちに手を振りつつ、猛スピードで走ってくる。
奴はあきらかにこっちの存在に気付いているし、漏れと目も合いっぱなし。
ちょっとの間、あっけに取られて呆然と眺めていたけど、
なんだか凄くヤバイことになりそうな気がして、急いで階段を下りて家の中に逃げ込んだ。

ドアを閉めて、鍵をかけて「うわーどうしようどうしよう、なんだよあれ!!」って怯えていたら、
ズダダダダダダッって屋上への階段を上る音が。明らかに漏れを探してる。
「凄いやばいことになっちゃったよ、どうしよう、まじで、なんだよあれ」って心の中でつぶやきながら、
リビングの真中でアイロン(武器)を両手で握って構えてた。
しばらくしたら、今度は階段をズダダダダッって下りる音。
もう、バカになりそうなくらいガタガタ震えていたら、
ドアをダンダンダンダンダンダン!!って叩いて、チャイムをピンポンピンポン!ピポポン!ピポン!!と鳴らしてくる。
「ウッ、ンーッ!ウッ、ンーッ!」って感じで、奴のうめき声も聴こえる。
心臓が一瞬とまって、物凄い勢い脈打ち始めた。
さらにガクガク震えながら息を潜めていると、
数十秒くらいでノックもチャイムもうめき声止んで、元の静かな状態に……。
日が昇るまでアイロンを構えて硬直していた。
あいつはいったい何者だったんだ。




2ちゃんねるの不思議な話  | Comment(48) | TrackBack(0) | Top↑

2009.09.29 Tue
隊長の命令

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/07/22(火) 05:41:57.01 ID:iXn1R8FD0

ニューギニアのあたりのある戦場でのこと。
大規模な戦闘をした部隊があって、その後、その部隊の前線基地に、
夜な夜な、死んだ兵隊たちが現われるようになったそうです。
彼らはいずれも、足がちゃんとあり、懐かしそうに
「よお!」とか言いながら、現われるのだそうです。
いずれも確かに戦死した連中ばかり。
神主の息子の兵士がまじないをやったり、お経をよめる兵士がお経を詠んだりしても、まったく効き目無し。
そのうち、ズカズカ上がり込んできて、貴重な飯をバクバク食う始末。
しかも、いきなり手がスルスルっと伸びて、木の実を取ったりして、明らかに化け物化している様子。
怖いやら迷惑やらで困っていたのですが、なんとも手の施しようが無い。
見るに見かねた中尉だか大尉だかの隊長さんが、幽霊たちが集まっているところへ、
ツカツカと歩いていって、いきなり大声で、
「全員、整列!」
と言うと、素直に整列したそう。そして、
「貴様らは、全員戦死した兵隊である。よってこの世にいてはならん。
全員あの世へ行って成仏するように。これは命令である!」
隊長が涙を流しながら言うと、幽霊たちは、しばらく呆然とした顔で佇んでいたが、
そのうち全員が泣き始め、やがてボロボロと土人形のように崩れていったそう。
あとにはその土だけが残り、彼らは二度と現われることはなかった。
兵隊たちはその土の大部分は現地に埋め、残りを少しづつ日本に持って帰って、供養したそうです。




2ちゃんねるの不思議な話  | Comment(18) | TrackBack(0) | Top↑

2009.09.24 Thu
知られざるルーツ
知られざるルーツ

378 本当にあった怖い名無し :2008/07/14(月) 16:59:51 ID:amJ7wKsTO

ある科学者が食べ物がなくても太陽の光だけで生きていける薬を開発した。
その後世界中の飢餓はすべてなくなったが、何もしなくても生きていけるので人々は働かなくなってしまった。ついにはみな動こうともせずただひたすら太陽を見ているだけとなり、次第に体の機能もそれに合わせて退化していった。

何億年もたって、それを僕たちは植物と呼ぶようになった。




2ちゃんねるの不思議な話  | Comment(33) | TrackBack(0) | Top↑

2009.09.22 Tue
人型成型器
人型成型器

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/31(日) 05:32:51.47 ID:wwInb3410

最近は世相を反映してか列車飛込みや交通事故などで遺体の損傷が
激しい物が多い、そんなに数は多くは無いのだが確実に増えてるみたいだ
それに頭を抱えたのが葬儀屋、なんせ遺体が原型を留めていないのだから
遺族に見せられない、そこで苦心惨憺の上ある新兵器がレンタルで登場した、
鯛焼き器って知っているかな?鯛の型に焼き上げる型だが・・・
それをヒントに開発されたらしいのだが、つまり人型成型器
どの様に使うかと言うと、原型を留めない、それこそかき集められた肉片を
その製型器に入れチョットばかり熱を加える、そして熱が通ったところで
型から外して出来上がり、これに化粧なり衣装なりをほどこして遺族に引き渡す
そうである、型は大中小、と男女それぞれ有り顔の部分も遺族の希望で数種類
在るうちの中から選ぶ事が出来るとの事
もし型に入れる遺体が少ないときはそれに見合った量の水と卵で溶いた小麦粉を
継ぎ足すそうである。
熱を加えて人の形になるまでミートローフみたいな良い匂いが漂うらしい。




2ちゃんねるの不思議な話  | Comment(14) | TrackBack(0) | Top↑

2009.09.22 Tue
隣から聞こえる声

664 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 00:31:43 ID:GmuoknVH0

おれの住んでるアパートはかなり古くて、隣の声が丸聞こえだ。
今夜も、隣に住んでる一家の団欒の声が聞こえてくる。

「○○ちゃん、お口にケチャップが付いてるわよ。
ほらほら、また食べこぼしてる。
○○くんは、今日はたくさん食べたのねえ、えらいわぁ。
さすがはお兄ちゃんね」

楽しそうな声が洩れ聞こえる中、おれは一人でコンビニ弁当を食ってる。
もう、慣れたからね。平気だよ。

おばさんの声しか、聞こえてこないことぐらい。




2ちゃんねるの不思議な話  | Comment(20) | TrackBack(0) | Top↑