定番の都市伝説から2ちゃんねるの怖い話、怪談にいたるまでを紹介!! ~今宵あなたを奇妙な都市伝説の世界へ~   『世にも奇妙な都市伝説』 http://yonimokimyo.com/
 怖い都市伝説    人体・医学の都市伝説    社会生活に潜む都市伝説    アニメやマンガの都市伝説    小ネタ系都市伝説    ◎サイト案内
 【2ちゃんねる都市伝説】      ▽2ちゃんねるの怖い話     ▽2ちゃんねるの奇妙な話     ▽2ちゃんねるの不思議な話     ▽2ちゃんねるの小ネタ話
都市伝説を検索


【スポンサード リンク】


【奇妙なリンク集】

【世にも奇妙な都市伝説】

トップメニューよりお好きなジャンル
をお選び下さい。

世にも奇妙な都市伝説

http://yonimokimyo.com/

このサイトは「Yahoo!カテゴリ」の
都市伝説』に登録されています。

記事の更新をチェック⇒Twitter

当サイトについて   ◎サイトマップ

お問い合わせ
RSS

since.2008.10.16



無断転載禁止


【話題の都市伝説BEST20】

ブログパーツ 
【スポンサード リンク】


【最新都市伝説】
【最新コメント】

「小ネタ系都市伝説 」 の一覧

【スポンサード リンク】


2009.08.27 Thu
最も怖い話
最も怖い話

夏休みのある日、4人の若者がマレーシアへ海外旅行に行き、有名な超高層ホテルに泊まることになった。しかも、彼らが宿泊する部屋は見晴らしの良い100階にあったため、4人はとても大喜びだった。

その夜、4人の若者達が繁華街へ遊びに行こうとフロントにカギを預けた時、支配人から「今日はエレベーターのメンテナンスを行う日ですので、午前0時までには帰って来て下さい。それ以降は朝までエレベーターは使えません」と言われた。

ところが、4人はそんなこともすっかり忘れて遊びすぎてしまい、ホテルに帰って来たのは深夜1時頃であった。案の定、全てのエレベーターが停止していたため、仕方なく階段を使って部屋のある100階まで昇って行くことになった。
薄暗く静寂に包まれた階段を昇って行き、ちょうど50階まで辿り着いた時、1人が「恐い話をしながら1階ずつ昇って行こう」と言い出した。それにはみんなも賛成し、4人で順番に怖い話をしながら階段を昇っていくことになった。4人は疲れも忘れて怖い話に盛り上がり、あっという間に99階まで到達した。

「ふぅ、次で最後か。最後の話は俺だな。いいか、これはマジで怖いからみんな腰を抜かすなよ」
最後に話すこととなった1人が急に真顔でそう言ったため、他の3人も興味津々な面持ちで彼を急かした。
「いいから、早く話せよ」

「あのな‥‥1階のフロントから部屋のカギを貰って来るの忘れちまったんだ‥」




この話のバリエーションによっては、エレベータが使えない理由が「2000年問題」対策であることがあり、その場合は1999年の大晦日に旅行したという設定になります。通常、大型ホテルのエレベーターを一斉にメンテナンスするなんてことは考えられませんから、「2000年問題」を織り交ぜることによって現実味を出しているのでしょう。



小ネタ系都市伝説  | Comment(75) | TrackBack(0) | Top↑

2009.07.16 Thu
森首相伝説
森首相伝説

日本の第85代・第86代内閣総理大臣を務めた「森喜朗元首相」には、数多くの伝説が残されている。今回はその中でも、とびっきりのものを紹介しよう。

2000年7月に沖縄で開催された「九州・沖縄サミット」で、アメリカの当時の大統領であったビル・クリントン大統領と会談を控えた森首相は、あることに悩んでいた。実は森首相は英語がとても苦手で、クリントン大統領と英語で挨拶をする自信がなかったのだ。そこで、事前に外務省の秘書官から簡単な英語のレクチャーを受けることになった。

「いいですか、クリントン大統領に会ったらまず『How are you?』(調子はいかがですか?)と言って握手をして下さい。そうすれば、クリントン大統領は『I'm fine. And you?』(上々です。あなたはどうですか?)と答えるでしょうから、『Me too.』(私もです。)と応じてください」

ところが本番、森首相は緊張のあまり間違って「Who are you?」(あなたは誰ですか?)と挨拶してしまう。これにはクリントン大統領も驚いたが、すぐに森首相のジョークだと判断し、機転を利かせて「I'm Hillary's husband!」(私はヒラリーの夫です。)と答えた。

すると、森首相は一言、「Oh, Me too!」




もともと、このジョークを作ったのは台湾の著名な有識者であり、当初のモデルとなったのは韓国の「金泳三大統領」でした。この金大統領も日本の森首相と同様に失言が多く、今回のジョークが逸話として1998年以前から広く知られていたようです。
そのため、今回の伝説を「森首相伝説」として称するのは誤りですが、なんとなく信憑性がありそうに聞こえることが情けない…




小ネタ系都市伝説  | Comment(6) | TrackBack(0) | Top↑

2009.05.14 Thu
気圧計
気圧計

ある大学の教授が新しい気圧計を手に入れた。
その日の授業は物理学だったため、教授はさっそく学生達に向かって、「この気圧計を用いて我々が今いる場所の高さを求めなさい」と尋ねた。この突然の質問に多くの学生達が困惑の表情を浮かべる中、ある一人の男子学生が得意げに名乗り出た。彼は気圧計を手に取ると、何を思ったのかそれを教室の窓から放り投げ、「1、2、3‥」と数字を数え始めた。そして、気圧計が地面に当たって砕けるまでの時間から、見事に建物の高さを導き出したのだ。




気圧計が示す数値を全く用いない点が伝説的ですね。別解として、「ロープを結び付けた気圧計を地面まで垂らし、ロープの長さを測る」という方法もあります。
1922年にノーベル賞を受賞した、デンマークの物理学者である「ニールス・ボーア」が、この「都市伝説」のモデルとされています。




小ネタ系都市伝説  | Comment(9) | TrackBack(0) | Top↑

2009.01.22 Thu
英語が苦手な日本人
アメリカの地下鉄にて

ある日本人のサラリーマンが、仕事でアメリカに出張した時のこと。彼は地下鉄に乗るために駅の窓口で切符を買うことになったのだが、英語が苦手で何と言えばよいのか分からない。とりあえず、行き先だけは伝えようと「To ○○」と言った。しかし、駅員に「To」を「Two」と聞き間違えられたのか、切符を「2枚」差し出されてしまう。慌てた彼はすぐに「For ○○」と言い直したのだが、今度は切符が「4枚」出てくる。すっかり困り果ててしまった彼が、思わず「えっと…」と呟くと「8枚」の切符が出てきた。



この手の「都市伝説」は「外国人と寿司屋」と同様に、英語の先生の口から冗談として語られることが多いようです。
ニューヨークの地下鉄では日本と異なり、乗車料金が均一の片道2$となっていて、どこからどこまで乗車しても料金は変わりません。しかし、そのことを知らずに窓口で行き先などを言ってしまうと、今回のような悲惨な事態になるのかもしれません。英語が苦手な人なら尚更でしょう。
海外に行かれる際は、その地の「言葉」だけではなく、「一般常識」なども勉強する必要があるのですね。大変です…




小ネタ系都市伝説  | Comment(5) | TrackBack(0) | Top↑

2008.12.20 Sat
預けたペットが…
ペットの犬が…

これは南国のリゾート地のとある空港で、実際に起こった話である。
ある航空会社の作業員が、到着した飛行機から客の預け荷物を降ろした際、その中のペットの犬が死んでしまっているのを見つけた。飼い主のおばあさんはとてもうるさそうな人だったため、大事に至ってはまずいと感じた作業員は、すぐに近くのペットショップから似たような犬を買ってきた。そして、死んだ犬と入れ替えた後、何食わぬ顔でおばあさんにそれを渡した。すると、おばあさんは驚きながらも喜んでこう言った。「死んだ犬を埋葬するためにやって来たのに、飛行機の中で生き返ったようだわ!」

「生肉」を預けることができても、「死んだペット」を預けることができないのは、このためである。




これは海外が発祥の「ジョーク系都市伝説」です。
日本の航空会社では、死んだペットでもそれなりの包装をすれば大丈夫だと思うんですが、どうなんでしょうか?この話の内容だと、通常のゲージに入れて預けてしまったおばあさんが悪いですね。




小ネタ系都市伝説  | Comment(6) | TrackBack(0) | Top↑

2008.12.06 Sat
医者の観察力
医者の観察力

とある医科大学で行われた医学部の授業の時、ある教授が検尿用の紙コップを示して、「医者であるからには鋭い観察力が必要です。ここに人間の尿を用意しましたが、この尿の持ち主が糖尿病であるのかを確かめるのならば、私はこうします。」と言い、紙コップの尿に人指し指を浸すとペロリと舐めてみせた。そして「どうです、皆さんにも同じことができますかな?」と満足げな顔をして教室中の学生たちを見渡した。
すると、一人の負けず嫌いな学生が前に進み出て、同じように紙コップの尿に人指し指をつけると、得意げにみんなの前でその指を舐めてみせた。
ところが、教授はさらに満足げな顔をしてこう言った。「やはり、皆さんにはまだ医者としての観察力が不十分なようです。私は人差し指を尿につけましたが、舐めたのは中指でしたよ。尿みたいに汚いものを舐めるなんて私には考えられません。」




この話の舞台は、主に医科大学や医学部が中心ですが、北海道の農業大学を舞台にした「牛の尿」バージョンも存在します。
また、シャーロック・ホームズの生みの親である「コナン・ドイル」の恩師、「ジョセフ・ベル」教授のエピソード中にも類似した話が登場していることから、この話はそれが元になっていると考えられます。もっとも、「ベル教授」の話の中では「ひどい味の試薬」となっていますが…




小ネタ系都市伝説  | Comment(15) | TrackBack(0) | Top↑

2008.11.24 Mon
樹海村
樹海村

樹海は自殺の名所となっており、毎年のように自殺する者が跡を絶たない。しかし、中には自殺しきれなかったり、未遂で終わってしまったりする人もいる。そういった人達は、社会に復帰しようにもできないため、樹海の中で寄り集まり、小さな「村」を成して生活しているのだという。



誰もが「ジョーク」だと感じるありえない内容ですが、私がこの話を初めて友達から聞いた時、不覚にも笑ってしまいました。それにしてもくだらないですね。



小ネタ系都市伝説  | Comment(16) | TrackBack(0) | Top↑

2008.11.20 Thu
追いかけてくる黒猫
追いかけてくる黒猫

ある男が夜の国道を車で走っていた。後ろに流れ去る街灯の明かりと、窓から入ってくる風が心地よかった。
だが突然、道端から一匹の小さい黒猫が飛び出してきた。男は急ブレーキをかけたが間に合わず、その黒猫を轢き殺してしまった。可哀想なことをしてしまったと思ったが、どうせ野良猫だろうと特に気にすることもなく、男はそのまま車を走らせた。

しばらく経って、男が何気なくバックミラーを見ると、そこには信じられない光景があった。なんと、先ほどの黒猫を口にくわえた大きな親猫が、もの凄いスピードでこちらに迫っているではないか。
男は震えながらもアクセルを踏み込み、車のスピードを上げた。しかし、親猫との距離はどんどん短くなる。少なくとも70キロ以上はスピードが出ているのだが、親猫の追走は終わらない。
「ごめんなさい…ごめんなさい…」
男は祈るようにしてそう呟き、必死に逃げた。だが、前方の信号が「赤」になっていたため、男はやむを得ず車を停車させた。そして、恐る恐る後方を確認した。

するとそこには、クロネコヤマトの宅配車が停まっていたのだ。




そうです、男は黒猫を轢き殺してしまったという罪悪感から、クロネコヤマトのロゴマークを本物の黒猫と勘違いし、必死に逃げ惑っていたのです。

最後のくだらない「オチ」が、この話のホラー的要素を完全に喪失させているため、「小ネタ系都市伝説」として分類しました。怖い話が苦手だという相手に、入門編として語ってさしあげてはいかがでしょうか。




小ネタ系都市伝説  | Comment(14) | TrackBack(0) | Top↑

2008.11.12 Wed
外国人と寿司屋
外国人と寿司屋

ある一人の外国人男性が、寿司屋のカウンター席で食事をしていた。その店の寿司はどれも新鮮で、男性は次々に寿司を頬張った。
そして、お腹もいっぱいになり、覚えたばかりの日本語でお勘定をお願いすることにした。

「マスターいくら?」

すると男性の前には寿司の「イクラ」が置かれた。

男性は仕方なく、黙ってイクラを食べ、今度は日本人でも知っている英語でこう言った。

「How much(ハウマッチ)?」

今度は男性の前に新鮮な「ハマチ」が置かれた。




中学校の英語の先生から聞いたのを始めに、高校、予備校、大学のそれぞれの英語の先生から耳にしたのが、この話です。どの先生も「友達のアメリカ人が…」の言い回しで話していました。本当に有名な話なんですね。
でも不思議なことに、外国人の英語の先生からは耳にしたことがありません。




小ネタ系都市伝説  | Comment(11) | TrackBack(0) | Top↑

2008.10.31 Fri
カルピスの罠
カルピスの罠

もし、これを読んでいるあなたが、女性のセールスマンだったとしたら気をつけてほしい。

これはある女性セールスマンが、保険の契約を取るために独身男の家を訪ねた時の話である。
女性セールスマンが男の家の玄関で保険の説明をし始めると、男は「ちょっと待ってて下さいね」と言って、台所の方へと向かった。しばらく待っていると、男はカルピスを入れたコップを持って戻ってきた。女性がカルピスを飲もうとすると、男はニヤニヤと気持ちの悪い笑みを浮かべて見てくる。カルピスの味もおかしいなとは思いながらも、女性は全てを飲み干した。その後に保険の説明をしたのだが、その時も男はニヤニヤしっぱなしだった。

そう、男が差し出したこのカルピスには、男の精液が混ぜられていたのだ。




カルピスの他に牛乳を利用する手口もあるそうです。
女性の方はセールスマンに限らず、男性の作るカルピスには十分に注意して下さい。
それにしても、実際にこのようなとんでもないことをする男がいるのでしょうか…




小ネタ系都市伝説  | Comment(234) | TrackBack(0) | Top↑